ニキビが出来たら刺激を与えず触れてはならない

朝日が入らないようにカーテンに工夫

朝日が入らないようにカーテンに工夫

朝の目覚めをよくするには、朝日が入るようにカーテンを少し開けておいたり、遮光でないカーテンを使うとよいそうです。
カーテンを開けたり、遮光でないカーテンを使うと朝日が差し込み早く起きてしまうので、私には向いていません。光を通すカーテンを使っていたときは、夏場は朝5時ころに起きてしまい日中眠くてつらかったです。カーテンを少し開けて眠ると、夜中に外の光が漏れて入り込み、夜起きたとき眠れなくなってしまいます。お求めの物はオーダーカーテン 通販←こちらです
光が少しでも入ると眠れなくなるので、今は遮光カーテンを使っています。寝るときにはカーテンの隙間がないようにぴっちりと閉めます。寝つきや睡眠の質が悪いので、睡眠には神経質になってしまいます。少しでも光が入らないようにしっかりカーテンが閉まっているか確認しないと眠れません。お調べになる際にはカーテンでお探しください。迷ったらカーテン←が役立ちます

 

 

遮光カーテンを使っていると夏場でも光が入らず、朝までぐっすり眠れます。目覚めをよくするためにカーテンを開けて眠るとよいなどといわれていますが、人それぞれだと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ